土地を手に入れたら活用が大切

相続などで土地を手に入れたときにはそのまま持っていても税金を払わなければなりません。土地活用を進めるのが重要であり、自分の家を建てるなどの用途が決まっていないのなら、賃貸経営を始めましょう。土地はそのままでも賃貸物件としての価値があります。企業などに貸して建物を立てて利用してもらったり、資材置き場などとして活用してもらったりすると、その賃料で税金以上の稼ぎを生み出せるでしょう。土地が手に入ったらまずは活用が基本です。

稼ぐのならそのままよりも建物を準備

土地活用をするならしっかりと稼ぎたいと考えたら、土地をそのまま貸すよりも建物を建てた方がより効果的です。初期投資額こそ大きくなりますが、賃貸経営をすればローンを組んだとしても家賃収入から返済を行っていくことができます。建てた建物自体も最終的には自分の資産になるため、資産を大きくするのに適した方法です。用意できる予算と立地に応じて価値の高い建物を建てて経営するのが稼ぎたいという希望を叶えるのに適しています。

将来的に使用したいときの方法

土地をとりあえず活用しても良いけれど、将来的には自分の家を建てたいという場合もあるでしょう。その際の賃貸経営による活用方法もいくつかあります。一つは自分が住む予定の家を建ててしまって賃貸経営をする方法です。他人に住まわせるのを厭わないならローンを早めに完済できるアプローチになります。もう一つの代表的な方法は駐車場や駐輪場の経営です。収益性こそ高くないものの、更地に戻しやすいので使いたいときに速やかに元通りにできるでしょう。

帯広市の賃貸情報はインターネットで見るよりも駅近の不動産業者を訪ねた方が穴場的な物件が見つかります。