賃貸マンション選びと部屋の広さ

賃貸マンションで一人暮らしを始めるときには家賃が気にかかって少しでも安いマンションを選ぼうとする人が多いでしょう。学生や新社会人の一人暮らしともなると初期にかかる費用を工面するだけでも苦労してしまいがちです。結果としてぎりぎりの狭さの部屋を何とか納得できる立地に見つけて落ち着くことがよくあります。しかし、そこで工夫をしておかないと部屋が狭く感じられてしまって間もなくして引越すことになりがちなので注意しましょう。

本当にその家具は必要か

一人暮らしをスタートするときには生活に困らないようにしようと十分な準備をしがちです。確かにそれは重要な視点なのですが、過剰になってしまう場合が多いので注意しましょう。家具や家電を完璧に揃えて生活しようとすることはよくあります。しかし、そのときに買おうとした家具が本当に必要かどうかと思いとどまってみるのも大切です。買ったけれど使わないままずっと過ごしてしまうことはよくあるので、最初に本当に全て揃える必要があるのかと今一度考えてみましょう。

徐々に増やすと狭くなりにくい

生活をするのに最低限のものだけを揃えて、残りは必要になったら買い足して徐々に増やしていくと考える方が賢明でしょう。初期費用がかさんでいるところで買わなければならないものを増やすのは資金的にも辛いはずです。それに加えて、買っても使わないものが多いと部屋が狭くなってしまいます。その状況でさらに欲しい家具や家電が登場すると本当に窮屈になって引越しを余儀なくされてしまうので、ベッドや洗濯機などの必要最小限のものだけを揃えて新生活をスタートしましょう。

賃貸とは貸し賃をとって者を貸すことです。マンション、アパートが代表的な例です。料金は1か月あたりいくらという貸し方が多いです。