土地探しから家が建てられるまでの期間とは

まず、注文住宅を建てる際には自分で土地を持っている方はいいですが、基本的には売りに出ている土地を購入してからハウスメーカーを決めて依頼したり、ハウスメーカーに頼んで土地を探してもらうことが一般的だと思います。土地が決まってから家を建てて実際に自分達が住み始める事が出来るようになるには、概ね1年~3年を見た方が良いと思います。自分で土地を持っていたり、自分の建てたい場所に売りに出ている土地がある場合には1年程度で良いと思います。

注文住宅を建てる際のメーカーとの打ち合わせ内容とは

注文住宅を建てる際に一番苦労する部分であり、一番重要と言っても過言ではないのはハウスメーカーとの打ち合わせです。なぜなら壁紙からトイレの形・色など隅から隅まで決めなければならないのです。はっきり言って壁紙なんかは例えば白と黒とか色が全く違うならば選べると思いますが、白でも何十種類もあるのです。はっきり言って何枚も壁紙を見せられても・・・・殆ど変わりないので選びようもありません。しかしそこで手抜きをすると微妙に色合いが変だったり、こんなはずじゃなかったと思う一番の要因となるので大変ですが頑張りましょう。

完成した家に住んでからの問題

いくら綿密にハウスメーカーと打ち合わせをしても、どうしても実際に完成してみたら思ったのと少し違うとかという事は絶対にありますよね。このような場合には基本的には大幅な変更というのは不可能ですが、多少の変更については可能な場合が多いです。例えば2階の寝室にも洗濯物を干すためのホスクリンを付けてもらいたいとか、庭の照明を人感センサー付きに変えてほしい等は積極的に交渉しましょう。今更言っても無駄だろうとか遅いだろうとか思っているとすごく損することになりますよ。

注文住宅の契約の結び方こだわりたいときには、専門性の高い業者のスタッフと打ち合わせをすることがポイントです。